チャネリング・リーディングについて

 

ご依頼をお受けしたら、遠隔リーディングをしてから、守護天使の姿をイラストにしていきます。

 

実は、本当の事を言ってしまえば……

天使は肉体を持っていないので、どんな姿にもなれます。

我々が「天使はこうあるべき!」と思いこんでいる場合、それに合った姿で現れることも多々あるようです。

「現れる」…という表現を使うのも難しいところですが、「ヴィジョンが浮かんだ」「脳内に画像がダウンロードされた」「降りてきた!」などが一般的な表現でしょうか。

天使のシンボルである、背中の羽がついていない場合も 結構あります。

 

私の場合、守護天使の情報をチャネリングで読み取って描いていきますが(他の方もそうだと思いますが)私の読み取りが絶対に正しいとは言えません。

例えば……円柱は横から見れば「四角」ですが、上から見たら「丸」にしか見えませんね。

リーディングもそれと同じです。見方によっては、もしくは人によっては、感じ方が違う場合もあると思います。

そもそも天使画は「光」や「気」を絵にするわけですから、描く側が誤変換してしまえば、その天使のエネルギーではなくなります。

 

ですので……その辺は重々肝に銘じ、光と繋がるチャネリングで、ご依頼主サマの守護天使さんをしっかりとリーディングしていきたいと思ってます。

しかしながら…私の感度と画力ですから、ゆる~い感じになると思いますので、そこはご了承下さいませ (^_^;) 

 

複数の守護存在さん達の中でも、その時に一番アピールの強い守護天使さんのエネルギーを転写(絵にする)していきます。

なので、時間が経ってから再度リーディングしたら「守護天使さんが以前と違ってる~」なんてこともあるでしょう。

 

あくまでフィルターとしての役割でしかないわけですが、イラストをきっかけにして、皆様と守護天使との会話が深まっていったら、とても素敵なことだな~♪と思っております。